筋トレが続かない人へ。運動嫌いでも筋トレを続けられるコツ5つ

筋トレが続かない人へ 筋トレ/ダイエット
筋トレが続かない人のイメージ画像

筋トレが続かない人へ。運動嫌いでも筋トレを続けられるコツ5つ

田中くん
田中くん

筋トレして良い体になりたいけど続かない…。

ゆきぽん
ゆきぽん

わかるわ…忙しくなったり不調が続くとついやめちゃうのよね。

田中くん
田中くん

それ!運動が嫌いだからつらい。

ゆきぽん
ゆきぽん

私も運動は嫌いだからよくわかるわ。

でも筋トレって続けるのが一番大事なのよね。

ちょっとしたコツで習慣化できるようになるわよ!

この記事では、こんな悩みに答えています!

運動が嫌いで筋トレが続かない。

順調に筋トレをしていても、忙しさや不調が続くとやめてしまいがち。

筋トレを続けられるようになるには?

ゆきぽん
ゆきぽん

数ヶ月の筋トレで体を変えることに成功した男性にコツを聞いてみたわ!

筋トレが続かない人はぜひ参考にしてみてね。

ほんの少しでいいから筋トレを続ける

筋トレを続けるコツの1つめは、「ほんの少し」の回数や負荷でいいので、とにかく続けられるようにハードルを下げること!

筋トレは毎日する必要はない

初心者は筋トレを毎日続けたほうが習慣化しやすいのは確かです。
しかしトレーニング後に休息をとることで筋肉は育っていくため、筋トレを毎日する必要はありません。
だからといって月に2,3回の筋トレでは、間があきすぎてしまい効果がありません。
まずは週に3回程度の筋トレを目標に始めてみましょう。

忙しくても確実にできる回数を目標にする

筋トレはある程度の回数をこなした方が効果は高いですが、最初から高い目標設定をするとちょっとしたことで挫折してしまいます。
最初は「とりあえず腹筋ローラーを1回だけやる」など、忙しかったりやる気が出ない日でも確実にできるくらいの低い目標を立ててください。
筋トレはどのみち効果が現れるまで時間がかかるものなので、最初は習慣化するのを一番の目的にしましょう。
筋トレが習慣化できたら、次の段階として回数を増やせばOKです。

月に1回だけハードに筋トレするよりも、緩くても週3回以上筋トレした方が効果が高い

月に1回など間を空けてハードに筋トレをするよりも、少ない回数で低負荷の筋トレを週3回以上続けたほうが筋トレの効果は高いです。
前述しましたが、筋トレは継続することが一番大切です。
ボディビルダーのように本格的な筋トレはできなくてもいいので、まずは「習慣化すること」を頑張りましょう。

筋トレできない日が続いても自分を責めない

筋トレが続かないことで「すぐに投げ出して続けられないなんて俺はダメな奴だ」と自分を責めてしまう人も少なくないですが、そんなに風に思わなくても大丈夫。
決して適当な慰めではなく、ちゃんと根拠もあります。

すごく疲れていたり体調が悪い日は無理せず休む

疲労がたまっていたり体調が悪い状態で無理して筋トレをすると、ケガをするリスクが高まります。
調子が悪いときは無理せず体を休めるようにしましょう。

少し休んだくらいでは筋肉は落ちない

栄養失調の状態が続いている等でないかぎり、筋トレを2週間~1ヶ月程度休んだくらいでは筋肉は落ちません。
1ヶ月くらい休んでしまっても、筋トレを再開することですぐに筋力は取り戻せます。
少し休んだことで筋肉が落ちたと勘違いして、筋トレをやめてしまわないように注意してください。

ゆきぽん
ゆきぽん

私も多忙で1ヶ月近く筋トレができない日が続いたことがあったけれど、体型は変わらなかったわ。

前と同じ重量がきつかったり、前より少ない回数でも筋肉痛がくるくらいね。

2週間~1ヶ月くらいのお休みなら、多少筋力が落ちるだけだからすぐに取り戻せるわよ!

完璧主義をやめる

筋トレ以外でも言えることですが、継続することができず投げ出してしまう人に完璧主義が多いと言われています。
人間なので毎日100点の生活をおくることは不可能です。

例えば30日のうち3日だけ100点の日があっても、他の日がすべて0点なら1日あたりの平均点は10点です。
それなら30点でも毎日続けた方が1日あたりの平均点は高くなります。
毎日100点を目指すのではなく、0点の日を減らすよう心がけましょう。

限界まで追い込まなくてもいい

筋トレは限界まで追い込まないとダメだと思っている人が非常に多いのですが、実際はそんなことはないんです!

限界まで追い込まなくても筋トレの効果はある

「筋トレは限界まで追い込め!」「限界だと思ってからあと2回はやれ」とよく言われますが、習慣化できていない初心者が毎回限界まで追い込むことを意識すると挫折につながってしまいます。
限界まで追い込まなければ筋トレの効果がないわけではないので、習慣化できるまではあまり気にする必要はありません。
最初は負荷をかける程度でも十分に効果が期待できます。

筋肉痛を求めて筋トレをしない

初心者は普段から鍛えている人と比べて筋肉痛になりやすいです。
筋肉痛は筋肉が鍛えられたどうかの1つの目安にはなりますが、筋肉痛がなくても効果はちゃんとあります。
筋肉痛が続くと日常生活に支障が出ることもあるので、毎回筋肉痛が起きるまで鍛える必要はありません。

しかし筋肉痛がくることによって筋トレの効果を実感できるため、逆にモチベが上がる人もいますよね。
そのため一概には否定しませんが、ほどほどにしましょう。

キツすぎると続かない

最初から多くの回数の筋トレをしようとすると挫折しやすいのと同じで、毎回キツすぎる筋トレをするのも挫折の原因になります。
限界まで追い込むことでより筋トレの効果が高まるのは確かですが、最初はあまり気にせず「とりあえず習慣化する」ことを目標に頑張ればOK。

すぐに体型が変わらなくても、筋トレを続けるメリットはある

筋トレが続かない理由として「体型が変わるまでに時間がかかる」を挙げる人も多いのではないでしょうか。
確かに筋トレは即効性がなく「体型が変わった!」と実感するまでに最低でも2~3ヶ月程度はかかります。
ただ、すぐに体型が変わらなくても筋トレにはいくつもメリットがあるので、効果が目に見えないからとやめてしまうのはもったいない!

筋トレを習慣化できるのはすごいこと

人間が新しく何かを習慣化するためには、66日続ける必要があると言われています。
それだけ何かを習慣化するというのは大変なことなのです。
筋トレを続けられるというだけでも十分すごいことなんです。

筋トレを続けていれば確実に体は変わる

習慣化するための66日は約2ヶ月強です。
2ヶ月も食事に気をつけて筋トレを続けていれば、劇的な変化までは望めなくても確実に体は変わります。
しかし全く運動をしないで暴飲暴食する生活を続けていたら、よりだらしない体型や貧相な体型になるだけです。
騙されたと思って、とりあえず66日は筋トレを続けて、食事の内容にも気をつける生活をしてみてください。

ゆきぽん
ゆきぽん

自分では毎日見ているから気づかないだけで、周りから見れば十分に変わっていた…ということもあるわ。

久しぶりに会った友達から「痩せた?」とか「筋肉ついたね」って言われると一気にモチベーションが上がるわよ!

筋トレを続けられれば自信がつく

筋トレに限らず、新しく何かを習慣化するのは簡単ではありません。
筋トレが習慣化できたことは、確実にあなたの成功体験になります。

成功体験が得られると自分に自信がつくので、筋トレ以外のことに挑戦するときも「どうせ自分には無理だ」と思うことが減ります。
そして自信がつくと気持ちに余裕が出てきます。
筋トレをして見た目がよくなること以外にも、モテに繋がる理由があるのです。

「筋トレすればたくさん食べてもいい」という発想

食べることが好きな人には朗報です。笑
逆転の発想で、「筋トレをすればたくさん食べてもいい」と思うと続けられそうな気がしてきませんか?

筋肉はカロリーオーバーしないと増えない

筋肉が増える条件として、摂取カロリーが消費カロリーを上回っている必要があります。
脂質を控えめにしてタンパク質と炭水化物を多めに摂るなど、内容に気をつけないと脂肪も増えてしまいますが、筋肉を増やしたいならたくさん食べることは必要です。

運動をせずに食べ過ぎればただ脂肪が増えて太るだけですが、筋トレをしていればたくさん食べても筋肉になります。
このことを理解すれば、筋トレのモチベーションもあがってくるはず!

外食前に筋トレするとプラスにできる

外食はどうしてもガッツリめのメニューになりがちですが、外食をする前に筋トレをすれば筋肉の材料となりむしろプラスにできます。
年末年始など外食の用事が続いているときほど筋トレを続けることができれば、太りやすい機会を筋肉を増やすチャンスに変えることができます。
少しでも筋トレする時間を確保して、効率よく筋肉をつけましょう。

少食の人も筋トレを続けることでたくさん食べられるようになる

筋トレをすると筋肉の繊維が傷つき、修復するためのエネルギーが必要になるため、何もしていないときよりも空腹になります。
「空腹は最高のスパイス」と言うだけあって、同じ食事内容でも空腹時に食べた方がおいしいですよね。

また、あまり食べられなくてガリガリ体型という人も、筋トレを続けることによって食べる量が自然と増えて筋肉も増量します。
食事が美味しく食べられるから食べる量が多くなり、筋肉も増えるという良いスパイラルを生むことが、筋トレにおいて重要なのです。

ゆきぽん
ゆきぽん

少食でガリガリだったけど体力をつけるために筋トレを始めたら、ご飯が美味しくなって自然と食べる量が増えたという話は珍しくないわ。

食べるのが好きな人だけでなく、食べるのがあまり好きでない人にも筋トレはメリットがあるのよ!

筋トレが続かない人へ。運動嫌いでも筋トレを続けられるコツまとめ

  • 回数や負荷の強さは気にせず、まず最初は「筋トレを習慣化すること」を目標にする。
  • 少し休んだくらいでは筋肉は落ちないので、調子が悪いときは無理をせず休み、完璧主義をやめる。
  • 筋トレを続けていれば体だけでなくメンタルも良い方向に変わる。
ゆきぽん
ゆきぽん

筋トレは効果を感じるまでに時間がかかるけど、体型以外にもメリットはたくさんあるわ。

モテたいならぜひ実践してみてね!

「筋トレをするとモテる」は本当なのか?詳しく解説しています!

この記事を書いた人
ゆきぽん

『洒落男子』編集長。ファッションとイメコンが好きなアラサーOL。
元アパレル販売員。ガールズバー、キャバクラ、コンカフェなどの勤務歴もあり。
マヌルネコに似ているとよく言われる。

筋トレ/ダイエット
スポンサーリンク
シェアする
洒落男子

コメント

タイトルとURLをコピーしました