【メンズメイク初心者向け】アイプチの使い方の基本!自然な二重になれる方法

メンズメイク

【メンズメイク初心者向け】アイプチの使い方の基本!自然な二重になれる方法

田中くん
田中くん

実は、目を大きく見せたいなと考えてて…。

しろりん
しろりん

目はメイクで色々できるよね!

田中くん
田中くん

アイプチとか使ってみたいんだけどどう?

しろりん
しろりん

いいやん!アイプチって本当に変わるよ!

田中くん
田中くん

ただやり方とか難しそうで…教えてもらえたりするかな?

しろりん
しろりん

もちろん!

アイプチは最初は難しく感じるかもしれないけど、慣れてくると簡単にできるようになるよ。

この記事では、こんな悩みに答えています!

どのアイプチを買えばいいのかわからない。

アイプチをしてみたいけど難しそう。

アイプチのメリットとデメリットについて知りたい。

アイプチのタイプは3種類

「ぱっちり二重になってみたい!」
こう思うのは女性だけでなく、男性も多いのではないでしょうか?
アイプチは女性が使うイメージが強いですが、男性でもアイプチで二重を作ることは可能です。
しかしアイプチにもさまざまなタイプがあり、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。
そこで今回は、3つの種類に分けてアイプチを紹介していきます。
それぞれに特徴があるので、興味のある方はぜひ参考にしてください!

ノリ式のアイプチ

1つ目はノリ(液体)でまぶたをくっつけて、二重にするタイプです。
ノリ式のアイプチは、まぶたが厚くて重い一重さんにオススメ。
まぶた同士をしっかり接着させるので、ガッツリ一重の方でも二重を作りやすいのがメリットですね。

デメリットとしては使い方が悪かったり、使いすぎたりすると、まぶたが伸びてしまうこともあります。
まぶたが伸びると不自然な見た目になって、逆に目が小さく見えてしまうかもしれません。
なのでアイプチの使い方には注意が必要です。

テープ式のアイプチ

2つ目はアイテープで二重を作るタイプです。
テープ式の中でも、さらに両面接着・片面接着の2種類に分けられます。
重めの一重さんには、はっきりとした二重を作れる両面接着がオススメ。
まぶたが薄い人や奥二重の人には、テープを食い込ませる片面接着をオススメします。
奥二重の場合はまぶたの線を隠せて、きれいな二重を作りやすいのが◎。

テープ式は手軽ですが、思った通りの自然な二重ラインを作るのは、少し難しいのがデメリット。
そしてノリ式と同じく、使い方や使用頻度によってはまぶたが伸びてしまう可能性もあるので要注意です。

皮膜式のアイプチ

3つ目は液を塗って膜を作り、二重にするタイプです。
皮膜式のアイプチは、まぶたが薄い人や、もうすぐ二重になりそうな人にオススメですね。
液を塗って乾かすだけで、初心者の方でも自然な二重まぶたを作れます!
アイテープやノリと違って非接着のアイプチなので、ベタベタしないのも魅力。

しかし重たい一重の場合は、皮膜式だと二重を作りづらいのがデメリットです。
そのため一重の方にはあまりオススメできません。

アイプチのやり方

ここまでノリ式・テープ式・皮膜式のアイプチをご紹介しました。
いずれのタイプでも正しい方法でやらないと、不自然なまぶたが出来上がってしまいます。
では「正しい方法って、どうやればいいの?」という話ですよね。
ここからは3種類のアイプチについて、やり方を解説していきます。
アイプチで失敗しないためにも、ぜひ参考にしてみてください!

ノリ式アイプチの使い方

二重を作りたい部分にのりを塗る

まずは二重にしたい幅を決めて、必要な分だけのりを塗っていきます。
二重の幅が広すぎると不自然に仕上がってしまうので、あまり欲張らないようにしましょう。
のりは出来るだけ薄く塗ることが、きれいに仕上げるコツです。

しろりん
しろりん

ノリは多く使った方が効果が長持ちするように感じるかもしれませんが、ノリの量を多くしても粘着力は上がりません。
うすーく塗るのがコツ!

ノリの白っぽさがなくなったら目を開ける

のりを塗った後は、乾くまで目をうっすら閉じたままキープします。
白っぽさが無くなったら、のりが乾いた証拠です。
乾く前に目を開けると、余分な線が出来てしまうので注意しましょう。
待つのが面倒な方は、ドライヤーを軽く当てて乾かすのもアリ。

テープ式アイプチの使い方

二重を作りたい部分にテープを貼る

二重にしたい幅を決めたら、テープを貼って二重のラインを作ります。
テープを指で軽くなじませると、目立ちにくくなって自然に仕上がります。

慎重に目を開ける

テープを貼ったら、ゆっくりと目を開けます。
これで二重まぶたの完成です。

しろりん
しろりん

二重の幅にこだわらないなら、テープ式が一番簡単です!

皮膜式アイプチの使い方

二重の線を作りたい部分より目側に液を塗る

二重のラインを決めたら、そのラインよりちょっと下に液を塗ります。
奥二重の線がある場合は、その線にも液を塗っていきます。
目頭のほうから楕円を描くように、薄く塗るのがポイント。

乾いたことを確認して目を開ける

液が乾いてきたら、ゆっくりと目を開けます。
乾いたかどうかは、指で軽く触れて確認してください。
ベタつきが無くなり、テープのような膜ができていたら、乾いた証拠です。
待つのが面倒であれば、ドライヤーを当てると早く固まって時短になります。

二重が上手くできなければ、目尻にも塗ってみる

上記の手順でも、きれいな二重を作れないという人もいるかもしれません。
その場合は目尻のほうにも追加で塗ってみて、もう一度乾かしてみましょう。

ちなみに皮膜式のアイプチは、回数を重ねるとより自然に二重を作れるようになってきます。
アイプチに限らずメイクは慣れてくることで上達し、自然な仕上がりにできるようになるので、納得のいく仕上がりになるまでは練習あるのみ!

メンズにおすすめのタイプ別アイプチ3選

アイプチのやり方は参考にしていただけたでしょうか?
ここからはアイプチの種類ごとに、オススメの商品を3つご紹介します。
自分のまぶたに合ったものを選んでみてください。

【ノリ式】アストレアヴィルゴ アイビューティー フィクサー

のりを塗るタイプのアイプチです。
接着力が強いので、厚い一重まぶたでも長時間しっかり二重をキープできます。
汗や水にも強いので、皮脂の多いメンズにもおすすめしたいアイテムです。

【テープ式】オートマティックビューティ シングルアイテープ

こちらはテープを貼って二重を作るタイプです。
ほどよい硬さのテープで粘着力もあり、しっかりと二重をキープできます。

半透明のテープですが少し目立ちやすいので、夜にクセづけのために使う人が多いですね。
片面接着のテープなので、まぶたが薄めの一重や奥二重のメンズにおすすめ。

【皮膜式】D-UP オリシキ アイリッドスキンフィルム

こちらは膜を作って二重にするタイプです。
塗って乾かすだけで簡単に二重を作れるので、初心者のメンズにもおすすめできます。
くっつけないタイプなのでベタベタせず、自然な見た目になるのも◎!
水には弱いですが、その分洗って落としやすいというメリットもあります。
しかし重たい一重の場合は、このタイプだと上手くいかない可能性が高いので注意してください。

アイプチの使い方の基本!自然な二重になれる方法まとめ

  • 自分のまぶたの状態に合ったアイプチを使うのがおすすめ。
  • 液体は薄くつけると上手くいきやすい。
  • 二重の幅は欲張らないように。
  • 慣れると手早くナチュラルな二重が作れるようになる!練習あるのみ。
しろりん
しろりん

目を大きく見せたい人だけでなく、片方だけ一重や奥二重という人にもアイプチはオススメです!

この記事を書いた人
しろりん

美容・コスメが好きな女子大生。大学では化学を勉強中。
化粧品検定1級、色彩検定2級を保持。
最近は筋トレに励んでいます。

メンズメイク
スポンサーリンク
シェアする
洒落男子

コメント

タイトルとURLをコピーしました