今さら聞けない!?正しい洗顔方法はスキンケアの超基本【男子向け】

スキンケア

今さら聞けない!?正しい洗顔方法はスキンケアの超基本【男子向け】

田中くん
田中くん

最近スキンケアを頑張ってるんだけど、イマイチ効果を感じられなくて。

しろりん
しろりん

もしかして…洗顔はちゃんとしてる?

田中くん
田中くん

もちろんやってるよ!石鹸で手を洗うついでに顔も洗ってるし。

しろりん
しろりん

それじゃダメだよ!

洗顔は正しい方法でやらないとかえって肌を傷つけてしまうこともあるよ。

この記事では、こんな悩みに答えています!

スキンケアを始めて化粧水や乳液を使い始めたのに、イマイチ効果を感じられない。

正しい洗顔の方法を知りたい。

手洗い用の石鹸で顔を洗っているけどそれじゃダメ?

スキンケアって本当に必要なの?と疑問に思っている人へ

スキンケアは女性がするものだから男性には必要ない…というのはもう昔の話で、今は男性もスキンケアをする人の方が多数派です。
一般男性300人を対象にアンケートをしたところ、7割以上の男性が「スキンケアをしている」と回答しました。

自分は毎日お風呂に入って清潔にしているからスキンケアなんて必要ない、と思っている人も多いかもしれません。
しかしスキンケアをしていない男性は、知らず知らずのうちに女性から「清潔感がない」という評価を下されていることも…。
一般女性500人を対象に行ったアンケートでは、「脂ぎっている顔」は不快だという声が多数寄せられました。

また肌荒れを改善したくてスキンケアを始めたのに、イマイチ効果が感じられず「お金と時間の無駄だった」だと感じている人もいるかもしれませんね。
しかしそこでスキンケアを止めてしまうのは早いです!
清潔感のある綺麗な肌は、正しいスキンケアのやり方を知ることから始まります。

スキンケアの効果を感じない理由

せっかくお金をかけて化粧水などの保湿アイテムを揃えたのに、イマイチ効果を感じられない…という人はいないでしょうか。
確かにスキンケアにおいて保湿は大事ですが、実は最も重要な過程は洗顔です。
洗顔を水やハンドソープで済ませたり、あまり考えずに安さだけで洗顔料を選んで、適当に済ませてはいませんか?
スキンケアの効果を感じない場合、洗顔が正しく行えていない可能性が高いです。

実は女性にとっても、スキンケアにおいて一番お金をかけるべきはメイクを落とすためのクレンジングだったりします。
まずメイクと汚れを綺麗に落としきれないと、どれだけ高価な保湿アイテムを使っても美容成分が入っていきません。
「化粧品はプチプラだけど、クレンジングオイルはデパコスを使う」なんて人も多いです。

メイクをする機会が少ない男性も、クレンジングまではする必要がなくても、日頃の汚れを落とすための洗顔はきちんと行うべきということ。
もちろん洗顔料を選ぶ時も、吟味が必要なのです。

「メイクをすると肌が荒れる」というイメージを持つ人もいますが
実はメイク自体が肌荒れの原因ではなく、メイクをきちんと落とせていないのが肌荒れの原因です。
メイク自体で肌が荒れるのなら女性は男性よりも肌が汚い人が多いはずですが、実際はそんなことはないですよね。

スキンケアにおける洗顔の重要性

最初に洗顔で汚れを落とし切らずに化粧水や乳液を塗り込むのは、肌に悪いものが付いているのを放置している状態です。
美肌に近づくわけがないんですね。むしろ悪化してしまいます。
自ら化粧水や乳液にお金をかけても意味がない状態にしてしまっているのです。
また顔には目元などの皮膚の薄い部分があるため、体の皮膚と比べてデリケートです。
顔を体と同じようにゴシゴシ激しく洗うと、肌を傷つけてしまいます

まず肌の状態をマイナスからゼロに戻してから、プラスになる保湿アイテムをイン。
このサイクルを毎日朝晩積み重ねることによって、肌の状態は良くなっていきます。

まずは洗顔の正しい手順を改めてマスターしましょう!
「わかってるよ」と思う方も、読み飛ばさずにもう一度おさらいしてみてください。
案外、改善点が見つかるかもしれませんよ。

洗顔の正しい手順

洗顔の正しい手順を、初心者にもわかりやすく解説しました!
できる限り、じっくり読んで覚えてくださいね!

手順①まずは手を綺麗に洗う

初めからぎくりとしたのではないでしょうか?
新型コロナの流行により、手指を清潔にする習慣は以前よりもついてきたかと思うのですが、洗顔前に改めて手を洗う人というのは意外と少ないのです。

泥のついた手ですくった水で顔を洗うと、泥が顔についてしまいますよね。これが目に見えないレベルで起こってしまうんです。
雑菌を落とすために顔を洗っているのに、その雑菌をわざわざ顔に擦り付けているようなもの。
まずは石鹸やハンドソープで手を綺麗に洗ってから、洗顔に進みましょう。

手順②ぬるま湯で予洗いする

田中くん
田中くん

え、水じゃなくてわざわざぬるま湯を用意しなきゃダメなの?

と、面倒に思う人もいるでしょう。ですがこれも正しい洗顔には必要な工程です。
また、水やぬるま湯だけでパシャパシャと顔を洗って終了としてしまうのもNG
あくまでもぬるま湯での洗顔は“予洗い”です。
髪を洗う際にシャンプーなしではフケや臭いが出てしまうのと同じように、顔にも水やお湯だけでは落としきれない汚れがあります。

また、手でゴシゴシと顔を擦らないように注意!
昔からの癖や気持ちよさからやってしまいがちですが、肌を摩擦するのは×
シャワーを直に顔に当てないようにも気をつけましょう。肌がたるむ原因になってしまいます。
※若い人でもですよ!
こういった小さな違いでも、毎日の繰り返しで差が出てきます

手順③泡立てネットで洗顔料を泡立てる

洗顔料は泡のきめ細かさが大事です。
毛穴の中に入り込んだ皮脂や汚れを洗い流す必要があるので、小さな毛穴に入り込むことができる泡を作っていくことが大切。
肌への悪影響である摩擦も減らせます
手で泡立てることもできますが、泡立てネット洗顔料用の泡立て器を使うと簡単にもこもこの泡を作ることができます!
100円ショップやドラッグストアでも売られています。

また、洗顔料は多くの量を使えばいいというものではありません
たくさんの洗顔料を使った方が洗浄力が高くて良さそうに思えますが、洗浄力が強すぎても肌に負担をかけてしまいます
泡立てネットや洗顔用泡立て器を使えば、少量の洗顔料でもふわふわの泡を作ることができるので、洗顔料の節約にもなります!

しろりん
しろりん

洗顔料の裏側や箱等に適量が書かれているので、表示通りの量を使えばOK!

手順⑤手で顔をこすらず泡を転がすようにして洗う

前述の通り、ゴシゴシ擦って洗うのは絶対に禁物!
指先で汚れを落とすのではなく、優しく“泡を顔の上で転がす”ことを心がけましょう。
柔らかいお豆腐などを触るイメージです。力を入れると壊れてしまうと思うぐらいでOK。
泡がきめ細かく作られていれば、ゴシゴシこすらなくても汚れは落ちるので心配しなくて大丈夫です。
上の図を参考にしてみてくださいね。

手順⑥洗顔料をすすぐ

泡を洗い流すときも、シャワーで一気に流してしまうのではなく、手洗いでパシャパシャと落としていきましょう。
しつこいようですが、ゴシゴシと擦るのは厳禁!
泡のすすぎ残しがないかも鏡を見て確認を。
洗顔料のすすぎ残しはニキビや肌荒れの原因になるので、念入りにすすぐことで防ぎます。

注意したいのが以下の部分
泡が残りやすい部分なので、念入りにぬるま湯ですすぎましょう。

すすぎ残しができやすい部分

  • 耳周り
  • 髪の生え際

手順⑦優しく水分を拭き取って保湿

最後に水分を拭き取ります。肌を傷つけないように、ぽんぽんと水分を吸い取らせるようにして押し当てましょう。
タオルは雑菌が繁殖しやすく、肌に繊維が付いてしまうので、洗顔後の拭き取りにはティッシュを使うことをオススメします。
洗顔時に注意したい、肌との摩擦も減らせます。

ここまでの工程で、肌がマイナスから“ゼロ”のフラットな状態になります。
最後に化粧水や乳液で保湿して、終了です。

洗顔に関する疑問あれこれ

正しい洗顔の方法はわかったけど、なんでこれが必要?と思った方も多いと思います。
疑問に対する答えと理由を詳しく解説していきます。

冷水はなぜいけないの?

夏など気温が高い季節は冷水で顔を洗いたい気分になるのはわかりますが、皮脂などの油分は冷水では落としにくいです。
油汚れは水よりもお湯の方が落としやすいことは、飲食のアルバイトをしている方にはわかりやすいでしょうか?
余分な皮脂や油性の汚れを洗い流すためにも、ぬるま湯を用いるべきです。

田中くん
田中くん

じゃあ熱湯で洗えばOK?

という疑問もあるかと思いますが、これもNG
熱湯は必要な皮脂までも落としてしまうのです。
乾燥を招いてしまいます。

乾燥するなら肌が脂ぎることもないのでは?と一見思ってしまいがちですが、乾燥するとかえって皮脂が多く出てしまいます。
テカテカの肌は清潔感に欠けるので、熱湯ではなくぬるま湯で洗い、洗顔後の保湿はしっかりと行
って乾燥を防ぎましょう!

洗顔料が必要な理由

食べ終わって汚れのついたお皿を、水やお湯で洗っただけで汚れは落ち切りますか?
見た目は綺麗になったとしても、触ればヌメヌメとしていると思います。
人の肌も同じく、洗顔料を用いなければ汚れを十分に落とすことはできないのです。

「男性は女性と違って洗顔料が必要ない」というのは間違った思い込みです。
実は女性よりも男性の方が皮脂の分泌量が多いので、むしろ男性の方が洗顔料の使用が推奨されるべきなのが本当のところ…。

洗顔方法における男性と女性の違い

男性は前述の通り、皮脂の分泌量が女性よりも多いです。
女性は男性と比べて皮脂が少ないため「乾燥するので朝は湯洗いだけで済ませている」という人も多いですが、男性の場合は眠っている間に分泌された皮脂がお湯だけでは落としきれない可能性が高いです。
そのため、朝晩2回とも洗顔料を使って洗顔を行うことをオススメします。

もちろん、肌のコンディションは人によって違いますし、季節や体調によっても変わります
秋冬は乾燥するという場合や、皮脂の分泌量が少なく乾燥して粉がふいたりする人は、朝はお湯のみでもOK。

洗顔料の選び方

田中くん
田中くん

男にも洗顔料は必要で、適当に選ぶとダメなのはわかったけど…。

洗顔料って何を基準に選んだらいいんだろう?

しろりん
しろりん

洗顔料の選び方についても、詳しく解説するよ!

肌がつっぱる感じはありませんか?

今使っている洗顔料は洗い終わった後、肌がつっぱる感じはしませんか?
もしつっぱる感じがあるなら、洗浄力が強すぎて必要な皮脂まで落としているサインです。
もう少し優しく洗顔をする必要もありますが、皮脂を落とし過ぎない洗顔料を選び直す方がベターです。

しろりん
しろりん

私も中学生の頃、手洗いに使っている石鹸で顔を洗ったら“つっぱる感”がすごかったことがあります…。

今思えば洗浄力が強すぎたんですね。

最近の洗顔料はプチプラでも洗浄力が高いのですが、その反面必要な成分まで落として肌に負担をかけてしまうことがあります。
特に男性用の洗顔料はスッキリ感へのニーズが高いことや、前述の通り女性と比べて皮脂が多いこともあって、かなり強めの洗浄力になっていることも珍しくありません。
乾燥肌の人にとっては、必ずしも男性用を選ぶのが正解であるというわけではないのです。
自分に合った洗顔料を選ぶことが、美肌への第一歩です。

洗顔料こそ良いものを

極端なことを言うと、保湿アイテムは“乾燥を防ぐことができればOK”です。
もちろん高価な保湿アイテムは美容成分が多く効果が高いのは事実ですが、プチプラのものでも乾燥は十分に防ぐことができます。

ですが洗顔料の場合は“汚れが落ちさえすればOK”というわけではありません。
手洗い用の固形石鹸やハンドソープもそうですが、洗浄力の強すぎる洗顔料は肌への負担が大きく、肌荒れの原因になったりかえって皮脂を過剰に分泌させる原因になってしまうのです。

スキンケアすべてにあまりお金をかけられないという人も多いと思いますので、優先的にお金をかけるなら洗顔料がオススメ。
洗顔を正しい方法で行い洗顔料を良いものにすることで、肌荒れの防止になるのでニキビなどができにくくなり、肌荒れを治すためにかかるお金がかからなくなるので長期的に見るとコスパが良いんです。
高価な保湿アイテムを使っても効果が出やすくなります。

おすすめのメンズ向け洗顔料3選

最後に、洒落男子のスタッフが選りすぐったオススメのメンズ向け洗顔料を3つ紹介します!
どれもメンズ向けに作られたものなので、肌への負担を減らしつつ、余分な皮脂をしっかりと落としてくれますよ。

HOLO BELL エッセンシャル保湿ウォッシュ

まず紹介するのがHOLO BELL エッセンシャル保湿ウォッシュ
前述した“つっぱり感”や“乾燥”に困っている男性のニーズに応えられるよう、余分なものは洗い流し、必要な皮脂は残す…という難しい塩梅を考慮して作ってくれています。
25種類の潤い成分が配合されていて、洗顔後も乾燥せずつっぱらない仕上がりを実現しています!
きめ細かいふわふわの泡が作りやすいのも、肌への負担が減らせて◎。

2ヶ月で2200円という低価格なのもおすすめの理由のひとつ。
トライアルは500円で2週間分の購入が可能なので、気になったら一度試してみましょう。
実際に使ってみて使用感が気に入らなければ、別のものにチェンジでOKです。
継続して使うことで割引率が上がるシステムは、コツコツと継続的に行うことで効果がアップするということの裏付けのようです。
また、泡立て用のネットが付いてくるのも嬉しいところ!

NULL 薬用アクネブロックフェイスウォッシュ

2つめはメンズコスメで様々なランキングを受賞している人気ブランドのNULL
女性と比べて皮脂が多い男性の悩みに応えた薬用洗顔料で、ニキビや毛穴の汚れを防ぎます。
一見洗浄力が強く肌に負担が大きいイメージがありますが、乾燥防止にコラーゲンヒアルロン酸などの保湿成分もバッチリ配合されていて、石油系界面活性剤や合成着色料などの肌への負担が大きい成分は使われていません
グリチルリチン酸ジカリウムという有効成分が炎症を抑えてくれるので、髭剃りによるカミソリ負けもブロックしてくれるのが嬉しい!

120gで2,017円とリーズナブルなお値段で、LINEで友だち登録すると300円OFFにもなりますが、なんと満足できなければ60日間全額返金保証つき。
性能の高さに自信があることの裏付けとも言えます。

デザインもスタイリッシュで洗面台に置いておくとテンションが上がる見た目ですし、無料ギフトラッピングにも対応しているのでプレゼントにもオススメ!

母の滴 シルバーウォッシュジェル

母の滴という名前だけ見るとミセス向けのように感じますが、れっきとしたメンズ向けです。
こちらは珍しいジェルタイプの洗顔料。価格は150mlで2,970円
ジェルタイプは肌を包み込むような使い心地で刺激が少ないので市販の洗顔料を使って肌がヒリヒリしてしまうなどの敏感肌の人におすすめです!肌を傷つけるリスクも軽減するので皮脂の過剰分泌も抑えます
まつげエクステをしている人にもオススメ。

近年注目されている美容成分、プラセンタが配合されているのでつっぱらず、以下の美肌効果も期待できます!

<主な美肌効果>

・肌の再生力を高める
プラセンタに含まれる成長因子が細胞を活性化させ、細胞の修復・再生をサポートする。エラスチンやコラーゲンの量が増え、肌にハリをもたらす。

・肌の保湿力を高める
プラセンタに含まれるアミノ酸や、成長因子の働きにより、肌の角質の水分を保持。乾燥肌の改善や、肌の乾燥によるシワの改善が期待できる。

・美白効果
プラセンタは、メラニン色素をつくる「チロシナーゼ」という酵素の活性を阻害する働きがあり、シミの予防に効果が期待できる。また、肌のターンオーバーを促進することで、できてしまったメラニンの排出もスムーズに。今あるシミにも効果が期待できる。

・抗炎症作用
プラセンタには炎症を抑え、細胞を修復する働きがあり、ニキビ肌の改善にも期待ができる。また、皮膚の炎症によるかゆみを抑える働きもあり、アトピー性皮膚炎にも有効。

・抗酸化作用
プラセンタには過剰な活性酸素の発生を抑制する強力な抗酸化作用がある。細胞の若返りをサポートし、肌のくすみの改善などが期待できる。

引用元:「プラセンタ」とは? お肌の透明感を取り戻す強い味方

ポンプ式なのも嬉しいところです。
チューブから出す手間って、小さいけれどもちょっと面倒なんですよね…。
今使っている洗顔料は刺激が強すぎると感じる、スキンケアを始めてみたけど逆に肌荒れした…という人はこちらからチャレンジするのがオススメ。

今さら聞けない!?正しい洗顔方法はスキンケアの超基本まとめ

洗顔の基本を解説していきました。みなさん1つは改善点があったのではないでしょうか?

  • スキンケアにおいて洗顔は超重要。一番大事と言っても過言ではない!
  • 面倒でも洗顔は丁寧に!手で洗うのではなく泡で洗うと心得よ。
  • ただ汚れを落とすだけのものと侮るなかれ。洗顔料こそ良いものを使ってみては?

美肌作りに必要なのは、小さな積み重ねばかり。
ひとつひとつのケアを面倒くさがらずに行うことが、清潔感のある綺麗な肌への一番の近道です。
急がば回れですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました