今さら聞けない!?正しい洗顔方法はスキンケアの超基本【男子向け】

スキンケア

今さら聞けない!?正しい洗顔方法はスキンケアの超基本【男子向け】

田中くん
田中くん

最近スキンケアを頑張ってるんだけど。

しろりん
しろりん

いいやん。肌の調子はどう?

田中くん
田中くん

それが…イマイチ効果を感じられなくて。保湿してもしなくても一緒かなって感じ。

しろりん
しろりん

それってもしかして…洗顔はちゃんとしてる?

田中くん
田中くん

もちろんやってるよ!石鹸で手を洗うついでに顔も洗ってるし。

しろりん
しろりん

それじゃダメだよ!

洗顔は正しい方法でやらないとかえって肌を傷つけてしまうこともあるよ。

田中くん
田中くん

マジ!?じゃあどうすればいいんだ!?

しろりん
しろりん

正しい方法で洗顔をすれば、必ず良くなっていくから心配しないで。

この記事では、こんな悩みに答えています!

スキンケアを頑張っているのに、イマイチ効果を感じられない。

正しい洗顔の方法を知りたい。

手洗い用の石鹸で顔を洗っているけどそれじゃダメ?

肌荒れにお悩みの男性へ

スキンケアの効果を感じない理由

スキンケアでお金と手間をかけても、なかなか結果が出ない…と悩んでいる人は、洗顔が正しくできていない可能性があります。
洗顔を水やハンドソープで済ませたり、あまり考えずに安さだけで洗顔料を選んで、適当に済ませてはいませんか?

スキンケアで最も重要なのは、実は洗顔です。
実は女性にとっても、一番お金をかけるべきはメイクを落とすためのクレンジングだったりします。
これはメイクと汚れを綺麗に落とし切るための工程が重要だからです。
「化粧品はプチプラだけど、クレンジングオイルはデパコスを使う」なんていう美容家の方もいます。

メイクをする機会が少ない男性にとっては、クレンジングまでする必要がなくても、日頃の汚れを落とすための洗顔はきちんと行うべきということ。
もちろん、洗顔料を選ぶ時も、吟味が必要なのです。

「メイクをすると肌が荒れる」というイメージを持つ人もいますが
実はメイク自体が肌荒れの原因ではなく、メイクをきちんと落とせていないのが肌荒れの原因です。
メイクをしない人でも同じで、日常生活での汚れをきちんと落とせていないことが肌荒れの原因になるので
まずは正しい洗顔の方法を実践することが、スキンケアの基本となります。

洗顔の重要性

先に汚れを落とし切らずに化粧水や乳液を塗り込むのは、汚れをすり込んだまま眠るのと同じこと。
要するに、肌に悪いものが付いているのをずっと放置する状態になります。
美肌に近づくわけがないんですね。
むしろ悪化してしまいます。
せっかく化粧水や乳液にお金と手間をかけても、意味がないのです。

また、間違った方法で肌を傷つけながら顔を洗っている可能性もあります。

肌の状態をマイナスからゼロに戻してから、プラスになる保湿アイテムをイン。
このサイクルを毎日朝晩積み重ねることによって、肌の状態は良くなっていきます。

まずは洗顔の正しい手順を改めてマスター!
「わかってるよ」と思う方も、読み飛ばさずにもう一度おさらいしてみてください。
案外、改善点が見つかるかも!?

そして、よくある質問にお答えし、洗顔料の選び方をお伝えした上で、オススメの洗顔料を紹介します。

早速、まずは洗顔方法をマスター!

洗顔の正しい手順

洗顔の正しい手順をわかりやすく解説します。
できる限り、じっくり読んでくださいね!

まずは手を綺麗に洗う

初めからぎくりとしたのではないでしょうか?
顔を洗う前の手洗い…。
新型コロナの流行により、手指を清潔にする習慣は以前よりもついてきたかと思うのですが、洗顔前に改めて手を洗う人というのは意外と少ないのです。

泥のついた手ですくった水で顔を洗うと、泥が顔についてしまいますよね。これが目に見えないレベルで起こってしまうんです。
雑菌を落とすために顔を洗っているのに、その雑菌をわざわざ顔に貼り付けるために洗顔をしているようなもの。
まずは石鹸やハンドソープで手を綺麗に洗ってから、洗顔に進みましょう。

ぬるま湯で予洗いする

わざわざ水がぬるま湯になるまで待たなくてはいけないことを面倒に思う人もいるでしょう。
ですが、これも必要な工程です。
また、ぬるま湯でパシャパシャと顔を洗って終了!はい終わり!スッキリした〜!としてしまう方もいますが、それもNG!
あくまでもこれは“予洗い”。
洗顔料で顔を清潔に洗い切る前の、いわば掛け湯の段階。
髪を洗う際に、シャンプー抜きではフケや臭いが出てしまうのと同じように、顔にも水分だけでは落としきれない汚れがあります。

この段階で、手でゴシゴシと顔を擦らないようにしてください。
昔からの癖や気持ちよさからやってしまいがちですが、肌に必要以上の刺激を与えるのは×。
シャワーをそのまま肌に当てないようにも気をつけましょう。
これもまた、肌がたるむ原因になってしまいます。
※若い人でもですよ!
こういった小さな違いでも、毎日の繰り返しで差が出てきます。

泡立てネットで洗顔料を泡立てる

洗顔料は泡のきめ細かさが大事です。
毛穴の中に入り込んだ皮脂や汚れを洗い流す必要があるので、小さな毛穴に入り込むことができる泡を作っていくことが大切。
手で泡立てることもできますが、初心者は泡立てネット洗顔料用の泡立て器を使うのが良いでしょう。
簡単にもこもこの泡を作ることができます。
100円ショップやドラッグストアでも売られています。

また、洗顔料は出し過ぎにも注意が必要です。
たくさんの洗顔料を使った方が洗浄力が高くて良さそうに思えますが、洗浄力は強すぎても肌に負担をかけてしまいます。
程度が難しい!と思うかもしれませんが、何もかも適量を心がけましょう。

しろりん
しろりん

洗顔料の裏側等に適量が書かれているので、表示通りの量を使えばOK!

手でこすらず泡を転がすようにして洗う

この段階でも、ゴシゴシ洗いは絶対に禁物!
指先で汚れを落とすというより、優しく、“泡で洗う”ことを心がけましょう。
イメージとしては、柔らかいお豆腐などを触るイメージです。
力を入れると壊れてしまうと思うぐらいでOK。
泡がきめ細かく作られていれば、ゴシゴシこすらなくても汚れは落ちるので心配しなくて大丈夫です。
上の図を参考にしてみてくださいね。

すすぐ

泡を洗い流すときも、シャワーで一気に流してしまうのではなく、手洗いでパシャパシャと落としていきましょう。
しつこいようですが、ゴシゴシと擦ってはいけませんよ。
泡のすすぎ残しがないかも鏡を見て確認を。
念入りに行うことで、すすぎ残しが原因のニキビや肌荒れを防ぐことができます。
注意したいのが以下の部分。
泡が残りやすい部分なので、念入りにぬるま湯を当てましょう。

すすぎ残しができやすい部分

  • 耳周り
  • 髪の生え際

優しく水分を拭き取って保湿

最後に水分を拭き取って、洗顔は終了です!
この時も、ぽんぽんと水分を吸い取らせるようにして押し当てましょう。
タオルは肌に繊維が付いてしまうので、ティッシュを使うことをオススメします。
肌との摩擦も減らせます。
タオルには普段から使っている時についた雑菌が繁殖している可能性も考えられます。
注意が必要な点も考慮して、清潔なティッシュで拭き取るのがベター。

ここまでの工程で、肌が“ゼロ”のフラットな状態に戻ります。
最後に化粧水や乳液で保湿して、終了です。

洗顔に関する疑問あれこれ

正しい洗顔の方法はわかったけど、なんでこれが必要?と思った方も多いと思います。
疑問に対する答えと、理由を詳しく解説していきます。

冷水はなぜいけないの?

気持ちが良いのはわかりますが、肌には冷水では落としきれない油分が付いています。
油汚れが水よりもお湯の方が落としやすいことは、飲食のアルバイトをしている方にはわかりやすいでしょうか?
余分な皮脂を洗い流すためにも、ぬるま湯を用いるべきです。

また、「じゃあ熱湯で洗えばOK?」という疑問もあるかと思いますが、これもNG。
熱湯だと、必要な皮脂までも落とし切ってしまうのです。
乾燥を招いてしまいます。

余分な皮脂を落としきれていないのはニキビの原因になり、乾燥するとかえって皮脂が多く出てしまいます。
テカテカの肌は清潔感に欠けるので、余分な皮脂はお湯で落とし、洗顔後の保湿はしっかりと!

脂ぎった肌は女性からの印象が良くないことも、アンケートで明らかになっています。

洗顔料が必要な理由

食べ終わって汚れのついたお皿を、水やお湯で洗っただけで汚れは落ち切りますか?
見た目は綺麗になったとしても、触ればヌメヌメとしていると思います。
人の肌も同じく、洗顔料を用いなければ、汚れを十分に落とすことができないのです。

「男性は女性と違って洗顔料が必要ない」というのは間違った思い込みです。
実は女性よりも男性の方が皮脂の分泌量が多いので、むしろ男性の方が洗顔料の使用が推奨されるべきなのが本当のところ…。

男性と女性の違い

女性の中には、「朝は湯洗いだけで済ませている」という人も多いです。
美容法としても理にかなっている部分でもあります。

ですが、これは女性の場合。
男性は先にも言った通り、皮脂の分泌量が女性よりも多いのです。
そのため、朝晩2回しっかりと洗顔料を使った洗顔を行うことをオススメします。

もちろん、肌のコンディションは人によって違います。
皮脂の分泌量が少なく、乾燥して粉がふいたりする人は、朝はお湯のみでもOK。

洗顔料の選び方

田中くん
田中くん

男にも洗顔料は必要で、適当に選ぶとダメなのはわかったけど…。

洗顔料って何を基準に選んだらいいんだろう?

しろりん
しろりん

洗顔料の選び方についても、詳しく解説するよ!

つっぱる感はありませんか?

今使っている洗顔料が、あなたの肌にとって洗い流す力が強すぎるものではないか確認しましょう。

洗い終わった後、肌がつっぱる感じはしませんか?
もしつっぱる感じがあるなら、洗い過ぎ、または洗浄力が強すぎるサインです。
もう少し優しく洗顔をする必要もありますが、皮脂を落とし過ぎないものを選び直す方がベターです。

最近の洗顔料はとても性能がいいのですが、その反面必要な成分まで落としすぎることが多々あります。
男性用の洗顔料は特にスッキリ感へのニーズが高いこともあって、わざと強めの効能にしていることも…。
乾燥肌の人にとっては、必ずしも男性用を選ぶのが正解であるというわけではないのです。
自分に合った洗顔料を選ぶことが、美肌への第一歩です。

洗顔料こそ良いものを

極端なことを言うと、保湿は“保湿ができればOK”です。
もちろん効果があるものを選ぶのも大切ですが、化粧水の量を多めに仕込めば乾燥は防ぐことができます。
高価なものをケチりながら使うより、プチプラのものを惜しまず使う方が効果が出るでしょう。

ですが、洗顔料は量で解決できるものではありません。

スキンケアすべてにあまりお金をかけられないという人も多いと思いますので、優先的にお金をかけるなら洗顔料がオススメ。
正しい方法で洗顔して、洗顔料を良いものにすることで肌トラブルが防げますし、ニキビケア用品代などが浮くので、長期的に見るとコスパが良いんです。
普段の保湿アイテムにかけるお金も減らしていけるでしょうし、高い保湿アイテムを使っても効果が出やすくなります。

最後に、洒落男子の編集部が選りすぐったオススメのメンズ向けの洗顔料を3つ紹介します!

おすすめのメンズ向け洗顔料3選

どれもメンズ向けに作られたものなので、皮脂をしっかりと落としてくれますよ。

HOLO BELL エッセンシャル保湿ウォッシュ

まず紹介するのがHOLO BELL エッセンシャル保湿ウォッシュ
男性用に作られている洗顔料ですが、定期便という珍しい形態をとっています。

HOLO  BELLの自慢は保湿力です。
先ほど前述した“つっぱり感”や“乾燥”に困っている人のニーズに応えられるよう、余分なものは洗い流し、必要な皮脂は残す…という難しい塩梅を考慮して作ってくれています。
低刺激なので、敏感肌の人にもちょうどいいですね。
ちなみにパラベンフリー!

2ヶ月で2200円という低価格なのもおすすめの理由のひとつ。
まずはトライアルで500円で2週間分を購入可能なので、一度試してみましょう。
実際に使ってみて使用感が気に入らなければ、別のものにチェンジでOKです。
また、長く継続して使うことで割引率がアップ。
洗顔はコツコツと継続的に行うことで効果がグングンアップすることの裏付けのようです。
また、泡立て用のネットが付いてくるのも嬉しいところ。

BULK HOMME THE FACE WASH

BULK HOMME(バルクオム)も初回のトライアルがお得です。
1ヶ月分の容量が化粧水とセットで990円(!)で購入可能。
ミニマルな高性能さが売りの洗顔料で、余分なものだけを落とすことにフィーチャーしています。

HOLO BELLは保湿力を高める成分など、マルチに活躍する武器をたくさん持っている戦士ですが
BULK HOMMEは洗浄力というとても強い武器に特化して使いこなしている戦士…という印象。
洗い流すことに特化しているので、乾燥肌の人は心配かもしれません。
ですが、この洗顔料とマッチする化粧水も一緒についてくるので、試してみてから使用感を確かめてもOKです。

かなり品質が高いので、その自信もあってか返金キャンペーンもついてきます。
気に入らなければ、発送から23日以内であれば全額キャッシュバックが可能!
「まず試してみようかな」という気持ちで買ってみるといいですね!
他の2つと一緒に買ってみて、使用感の差を確かめて比較してみる…というのもアリ。

パッケージデザインもスタイリッシュ。
洗面台に置いておくとテンションが上がる見た目です。

母の滴 シルバーウォッシュジェル

母の滴という名前だけ見るとミセス向けのように感じますが、れっきとしたメンズ向けです。
こちらは珍しいジェルタイプの洗顔料。
ジェルタイプは肌を包み込むような使い心地で、刺激が少ないので、敏感肌の人におすすめです。
サプリメントや化粧品などを広く販売している会社の洗顔料なので、含まれている成分が良質。
ベタつかず、ですが潤いを守りながら洗い落としてくれます。

ポンプ式なのも嬉しいところです。
チューブから出す手間って、小さいけれどもちょっと面倒なんですよね…。
今使っている洗顔料が少しつっぱる、またはトライアルであっても定期便は不安という人はこちらからチャレンジするのがオススメ。

今さら聞けない!?正しい洗顔方法はスキンケアの超基本まとめ

洗顔の基本を見てきました。みなさん1つは改善点があったのではないでしょうか?
基本をまとめました。以下を参照してください。

  • スキンケアにおいて洗顔は超重要。一番大事と言っても過言ではない!
  • 面倒でも洗顔は丁寧に!手で洗うのではなく泡で洗うと心得よ。
  • 汚れを落とすだけのものと侮るなかれ。洗顔料こそ良いものを使ってみては?

美肌作りに必要なのは、小さな積み重ねばかり。
ひとつひとつのケアを面倒くさがらずに行うことが、清潔感のある綺麗な肌への一番の近道です。
急がば回れですよ!

この記事を書いた人
しろりん

美容・コスメが好きな女子大生。大学では化学を勉強中。
化粧品検定1級、色彩検定2級を保持。
最近は筋トレに励んでいます。

スキンケア
スポンサーリンク
シェアする
洒落男子

コメント

タイトルとURLをコピーしました