美容院に男は入りにくい?陰キャ男子が美容院を克服する方法5つ

ヘア

美容院に男は入りにくい?陰キャ男子が美容院を克服する方法5つ

田中くん
田中くん

服とスキンケア頑張って、体型に気をつければ垢抜けられるかな。

ゆきぽん
ゆきぽん

あとは髪型も重要ね。髪型をおしゃれにするだけで一気に垢抜けるわよ。

田中くん
田中くん

やっぱり髪型かあ…。

ゆきぽん
ゆきぽん

髪型がどうかしたのかしら?

田中くん
田中くん

いや、どうしても美容院って女性が行く場所ってイメージで男は入りにくくて…。
昔から行ってる床屋で済ませてるんだけど、それじゃダメかな?

ゆきぽん
ゆきぽん

うーん…床屋さんを否定するわけじゃないけど、垢抜けたいなら髪型を変えるのが一番手っ取り早いし、美容院に行ったほうがコスパがいいわよ。

モテたいなら尚更ね!

この記事では、こんな悩みに答えています!

美容院にダサい奴が行くと笑われそうで怖い。

女性客ばっかりのイメージがあって行きにくい。

美容師って陽キャばっかりのイメージだし、何を話したらいいのかわからない。

予約はしないといけないもの?電話が苦手だから予約するのが億劫。

実は女性でも美容院が苦手な人は多い

美容院は女性のためのお店というイメージがありますが、実は女性でも美容院が苦手、美容院に行くのは怖い、という人は案外少なくありません。

「ダサい奴が行くと笑われそう」と思っているのは女性も同じ

美容院と聞いてイメージされるのは、「オシャレな空間」「オシャレなスタッフさん」です。
女性もオシャレ初心者のころには、そんなオシャレな人が集まる場所に自分が行ってもいのかと考えてしまう人は多くいます。

しかし、勇気をだして美容室に行ってみると、不安な気持ちを感じなくなる人がほとんどです。
なぜなら、美容師はプロの接客業だから。
お客さんの見た目を鼻で笑ったり適当な接客をしてしまったら、クレームの対象になってしまうので、心配しなくても大丈夫ですよ。

美容師との会話が苦手なのは女性も同じ

男性だけではなく、「美容師と会話するのが辛い」という人は女性にも多いです。

辛く感じてしまう理由は、会話のテーマを考えるのが難しかったり、人見知りという点が挙げられます。
施術をされている間は、基本的に至近距離で2人きりになります。
「近くにいるのだから会話しなければいけない」と美容師に気を使って気疲れしてしまう人も多いのではないでしょうか。
また、静かに本や雑誌を読みたい人は話しかけられたら集中できず、ストレスを感じてしまうかもしれません。

美容院が苦手でも美容院に行く理由は、行かないよりも行くメリットの方が大きいからです。
オシャレになるためにはカット、カラー、パーマ、トリートメントをすることはもはや必須。
自分でカットやカラーをできるという人もいますが、1人で行うには限界があります。
プロにやってもらう方が時間的にも効果的にも効率がよく、結果としてコスパがよくなります。

美容院の雰囲気が苦手で、緊張や不安な気持ちになってしまう人も多いかもしれません。
しかし、美容院を出た後の気分の良さの方が勝るので、多くの人は美容院に行っています。
垢ぬけたい、オシャレになりたい、モテたいなら美容院の存在は無視できません。

美容師は陽キャしかいない?それは偏見です!

美容師はオシャレで明るくて陽キャばかり…と思われがちですが、はたして本当にそうでしょうか。
実際にどういう美容師が活躍しているのかを解説します。

美容師でも元陰キャは多くいる事実

美容師だからといって全員が陽キャなわけではありません。
元陰キャもオタクも沢山います。
実際に話してみるとわかりますが、明るくてコミュ力があって、陽キャな人ばかりではありません。

美容師の世界は競争が激しいです。
生き残る上ためには技術だけではなく、接客スキルを向上させることも必須です。
接客スキルを磨いて多くの人から「明るく良い感じの人」というイメージを持たれることに成功したために、根っからの陽キャに見えてしまう人が多いだけです。

また、ダサい人に髪を切られたい人はいないので、美容師はオシャレにしていないといけないというのもあります。
オシャレな人がみんな陽キャとは限りません。

オタク向けの美容室も存在する

東京や大阪などの大都市に、オタク向けの美容室ができた事が話題になりました。
秋葉原のもえちょき、心斎橋のOFF-KAi!!が代表的です。
店内には漫画を置いたり、BGMをアニソンにするなどの工夫をされています。
もちろんスタッフさんは全員オタクなので、オタクの趣味についても話すことができます。

また、オシャレな流行りの髪型にしてもらえることはもちろん、人気アニメやゲームのキャラに似た髪型をオーダーすることも可能です。
他のお客さんもオタクの人が多いので、オタクの人が行きやすいのもポイントです。
家や職場、学校が近い人はここから初めてみるのもオススメ。

お洒落な男性はみんな美容院に行っている

床屋(理容室)と美容院の違いを説明します。
また、オシャレになりたい人に美容院をオススメする理由も解説。

床屋(理容室)と美容室の違い

「理容室は容姿を整える」「美容室は容姿を美しくする」ことが根本的な違いです。
理容室は刈り上げや面を整える技術が高く、美容室は丸いシルエットを作るのが得意とされています。

どちらもカラーやパーマをしますが、現在主流になっているオシャレなスタイルは美容院で行うのがほとんどです。
女性はほとんど美容院に行くのに対し、男性は3割程度が美容院に行くというデータが存在します。
しかし、10~30代の若い年代は美容院に行く人が増えています。

理容師の平均年齢は60歳を超えている

一昔前、カリスマ美容師ブームがありました。
それにより美容師を目指す人が爆発的に増えましたが、理容師を目指す人数は減ってしまいました。

現在の理容師の平均年齢は64.6歳(2015年時点)です。
若い理容師の方はもちろんいますが、全体的に高齢の人が多い理容師より、若い人も多い美容師の方が流行に詳しくなりやすいのは明らかです。

おしゃれになりたい・垢抜けたいなら美容院がおすすめ

「こだわりはないけど、とにかくオシャレになりたい!でもよくわからない!」という人は美容院が断然オススメ。
美容師の方が平均年齢が若く、流行にも詳しいのであなたに似合うオシャレを一緒に探してくれます。
特になりたいヘアスタイルが決まっていなくても、ヘアカタログを参考にして提案してくれます。
理容室より美容院の方がカラー剤やパーマの種類が豊富なケーズが多いので、幅広いスタイルに対応できます。

美容師との会話は「雑談」ではなく「プロに質問できる機会」

人見知りや口下手の人が苦手な美容師との会話も、見方を変えればメリットになる!
会話が苦手な人でも、意識を変えることでメリットにできます。

雑談と思うからしんどい

美容師との会話が苦手な人は、初対面の人との「雑談」が苦手な人ではないでしょうか。
人見知りだったりコミュニケーションが苦手な人にとって、中身のない雑談ほどハードルが高いですよね。
話題や会話のペースに対して気をつかうので疲れてしまいます。

美容師との会話は雑談と思わず、「美容のプロに質問でき、アドバイスをもらえる機会」と考えればいいんです。
話題にも困らないですし、相手は仕事なので一方的に質問しても問題ありません。

必ず配慮してくれるとは限りませんが
予約の際、備考欄に「雑談するのが苦手なので、最低限の会話でお願いします。」
と書いておくと、配慮してくれる場合があります。

自分でセットするにはどうすればいいか教えてもらえる

ほとんどの美容院では最後の仕上げにセットをしてくれます。
プロがセットしてくれるので出来栄えは最高ですが、自分で完全に再現するのは難しかったりもします…。

せっかくオシャレな髪型にしてもらっても自分で再現できないと意味がないので、美容師にセットの仕方を聞くことで、1人でもセットができるようになります。
「美容師に聞いてもいいの?」と思うかもしれませんが、仕事なので全く問題ありません!
ワックスやムースの何を使えばいいのか、量はどのくらい使えば良いのか、形を作るにはどうすればいいかまで教えてくれます。

家でできるケアの方法を教えてもらえる

髪の状態でもセットのしやすさは変わってしまいます。
髪の状態を良く保つためには、毎日のホームケアが大切です。

「ヘアケアをするなら美容院でトリートメントをお願いすべきではないの?」
「トリートメントをお願いしないのにケアの方法を聞いてもいいの?」と思う方が多いかもしれません。
結論から言えば、ケア方法を聞くだけでも全く問題ありません。

シャンプーの種類や、トリートメントやヘアオイルは必要かなどを快く教えてくれます。
この際に美容院で販売している商品を勧めてくる場合がありますが、「買わなきゃいけない」と思わなくて大丈夫です。
欲しくない場合は「予算オーバー」とでも言って断ってOK。

女性ウケがいい髪型について教えてもらえる

もちろん美容師は女性ウケがいい男性の髪型も知っています。
恥ずかしがらずに聞くことで、女性ウケがいいかつあなたに似合う髪型を考えてくれます。

女性の美容師の場合は、実際に女性目線で答えてくれます。
男性の美容師の場合は、実際にやってみて女性ウケがよかったことを教えてくれます。
男性の美容師はモテる人が多いので、女子ウケについて参考にできるのもポイントです。

美容院に入りにくい陰キャ男子が美容院を克服する方法5つ

ゆきぽん
ゆきぽん

やっぱり、美容院に行くのは抵抗あるかしら?

田中くん
田中くん

うーんそうだな…美容院がオススメなのはわかるんだけど、どうしても抵抗はあるな…。

美容室に抵抗がある陰キャ男子でも、美容院に行きやすくするための方法を紹介します。
ここに書いてあることを実践するだけでも、確実に一歩オシャレ男子に近づくことができます!

ネガティブなイメージは思い込みだと知る

「自分のような陰キャがオシャレな美容院に行くと笑われる」というネガティブなイメージは思い込みです。
ネガティブな思い込みは捨てましょう。
前述のとおり、美容師は接客業です。
お客さんの見た目で対応を変えたりしません。

また、初めて美容院に行く人、美容院に行き慣れていない人はあなただけではありません。
今はオシャレな人も、最初は勇気を出して美容院に行くことにチャレンジしたと思えば、少し不安は和らいできませんか?
お店のルールを守っているのなら大丈夫です。
堂々と美容院に行きましょう!

メンズ専用美容室を選ぶ

美容室はダサい人が行っても大丈夫とはわかっていても、女性が行くものというイメージが離れない人もいますよね。
そんなときは、メンズ専用美容室に行くのがオススメ!

お客さんは男性しかいないので、床屋に近い感覚で行くことができますし
女性客ばかりで居心地が悪い…という思いをしなくてすみます。
また、メンズのお客さんをターゲットにしているので「女子ウケがいい髪型」が得意なお店が多いです。

ネットで予約する

美容室は予約優先のお店がほとんどなので、予約をして行った方が歓迎されます。

電話で予約するのが億劫な人はネットで予約しましょう。
気になる美容室のホームページから直接予約してもいのですが、ホットペッパービューティーから予約するのがオススメ!

ネットから予約することで、空いている時間を簡単に確認することができます。
初回はクーポンを使って安い値段で予約できるお店がほとんどなのも◎。
営業時間外でも予約することができるので、行きたいと思った時にすぐに予約することができますよ!
美容院によっては当日の予約も可能です。

ホットペッパービューティーでは、スタイリストさんの人数やお店の座席数も確認できます。
スタイリストさんの人数が多い大手のお店だと、シャンプー、カット、パーマ等のメニュー毎に担当する人が変わることが少なくありません。
メニュー毎に得意なスタイリストさんがついてくれるのはメリットですが、関わる人数が増えると疲弊してしまうという人にはデメリットの方が大きくなってしまうことも。
美容院が苦手な人は、敢えてスタイリストさんの人数や座席数が少ないお店を選ぶのも手です。

やりたい髪型をInstagramで探しておく

こだわりがないからお任せして、それとなくいい感じにしてほしい…という人もいると思いますが
少しは自分のライフスタイルや好みなどの情報を伝えないと、美容師さんも困ってしまいます。
例えばweb制作などで、クライアントから「特に希望とかないから、とりあえず便利にして!」と言われたら困ってしまいますよね。
完成後にクライアントから「うーん…なんかイメージと違うんだよなあ。もっとこうスタイリッシュな感じで!」とか言われないためにも、事前の打ち合わせはしっかりしたいと思うはず。
美容院でも同じです。
なんとなくでいいので、あらかじめなりたいイメージを決めておきましょう。

髪型を探すのは、ヘアカタログよりInstagramがオススメ。
ヘアカタログだと、カットだけで再現できると見せかけておいて実はパーマがかかっていたり、サイドや襟足の部分がわかりづらい場合が多く、美容師に自分の希望がうまく伝わらなかったりするんです。
Instagramだと美容師のアカウントも沢山あるので、動画やキャプションを担当の美容師に見せることで伝わりやすくなります。

また、芸能人やモデルの写真はイケメンすぎて美容師に見せるのが恥ずかしいという人でも
Instagramだと一般人であることが多いので、抵抗が少なくて済むのも◎。

合わなければ別の美容院に行けばいいので気軽に行ってみる

日本の美容院はコンビニの数より多いといわれています。
美容院の雰囲気も美容師の得意なスタイルも千差万別です。

実際に行ってみて仕上がりが気に入らなかったり、接客が苦手だったら他の美容院にいきましょう。
「一回行ってしまったから…」と気をつかう必要はありません。
一度行ってみたら美容院は案外怖い場所でもないということが体感できるので、まずは行動してみることが大切です!

美容院に男は入りにくい?陰キャ男子が美容院を克服する方法まとめ

  • 男性が美容院に行くことに対する抵抗はほとんどが思い込み!堂々と行って大丈夫。
  • メンズ専用の美容室も多数存在する。中にはオタク向け美容室もあり。
  • 美容師と雑談をする必要はナシ。プロに質問できる機会と思ってセットやケアの方法を聞くのが◎
ゆきぽん
ゆきぽん

まずはホットペッパービューティーで検索だけしてみるのもオススメよ!

この記事を書いた人
ゆきぽん

『洒落男子』編集長。ファッションとイメコンが好きなアラサーOL。
元アパレル販売員。ガールズバー、キャバクラ、コンカフェなどの勤務歴もあり。
マヌルネコに似ているとよく言われる。

ヘア
スポンサーリンク
シェアする
洒落男子

コメント

タイトルとURLをコピーしました