35歳彼女いない歴=年齢から結婚した男

元イさんの彼女いない歴35年からの非モテ脱却戦略
元イさん
元イさん

初めまして、元イさんと申しますのだ。

洒落男子ユーザーのみなさま。はじめまして。「元イさん」と申しますのだ。

正式名称は元(中年彼女いない歴=年齢のアラ)イさん(@BeVi56174065)、
名前の通り、アラサーからアラフォーになる35歳になるまで彼女ができなかったアライ(グマ)さんなのだ。

普段はTwitterで非モテの克服の仕方や、コミュニケーション、人間関係の作り方についてツイートをしたり、自分のnoteにTwitterのまとめとして記事をアップしたり、非モテ男性のコミュニケーションの練習場や自助会のようなものとして「非モテオフ会」を主催しておりますのだ。
昔の自分のような非モテ男性を一人でも減らせたら、過去の自分の苦しみや辛さに報いられるんじゃないかと思い、こういった活動をしているのだ。

ご縁があってこちら「洒落男子」に連載させていただくことになりましたのだ。
第一人称は「元イさん」と語尾は「なのだ」という、少し鬱陶しい喋り方のアライグマではあるのだが、しばらくお付きあい願えればと思うのだ。

「モテる技術」に非ず

元イさんがこの連載でお話しようと思うのは、決してモテモテになってたくさんの女性と付き合えるようになったり、セフレが作れるようになるといったようなノウハウ、知識、テクニックではないのだ。

元イさん自身がそういったモテモテで、たくさんの女性と付き合ってきたセフレもいるような男“ではない”からなのだ。
自分ができない事は人に教えることはできないのだな。

ただ、彼女いない歴=年齢のまま35歳、つまりいわゆる35歳限界説(※1)のそのラインぎりぎりまで非モテだった元イさんが

社会人になってから三十路近くまで新しくできたリア友0人、女性との出会いも無し、もう仕事とオタク趣味しかないという陰キャオタクな男(そのうえADHDで仕事の大失敗とストレスから双極性障害になった)元イさんが自力であがいてなんとか手にすることができた、たくさんの生の情報、経験、知識、技術。

どれもこれも「もう少し早く知っていれば5年、いや10年、15年早く彼女が作れて、あんなに辛く苦しい思いをした時間は経験しなくてよかったのに…」し「もしかしたら一生気づけなかったかもしれない」と思えるものばかりだったのだ。

つまり、この情報をここで発信できれば、元イさんのテキストを読んでくれたみなさんの非モテ期間を5年、10年、15年は短縮できるかもしれないのだ。

そういった「モテる男」になる方法ではないけれど、好きな女の子と仲良くなって彼氏彼女になる、そういう心構えやコツ、工夫の仕方などをこの連載で書いていければと思っていますのだ。

※1
35歳限界説:2010年の国勢調査の結果、35歳を過ぎてから結婚できた男性は3%。そこから婚活界隈ではまことしやかに35歳が結婚を望める限界ラインだと語られているのだ。

実績として、元イさんの非モテオフ会参加者やメソッドを参照してくれたから何名も“初めて”の彼女(もしくは彼氏)を作る事が出来た男女がいるのだ。
まったくの思い込みやでたらめを発信しているわけではないと思っていますのだ。
コロナウイルスの大流行がなければ!これさえなければ非モテオフ会ももっと頻繁に開いて、恋活婚活応援イベントなどもっと積極的に主催して実績人数をふやせていたのに…という気持ちが強いのだ。

しかしここは切り替えてコロナウイルスが収束するまでは、その「緊急事態」でもできるやり方というのを発信できればと思っていますのだ。
(実際、非モテオフ会からの初彼女を作った方たちはコロナ流行下で初彼女ができたのだ)

恋愛工学や、モテる男が教える「女を落とすやり方」「女とSEXできる方法」などは教えることができないのだが

「普通に恋愛ができて(しまって)いる人たち」が当たり前にやっていて、けれど”当たり前すぎて”言語化できないものを、丁寧にお届けできるかと思いますのだ。これだけは自信をもっているのだが「他でこういうことを言っている人は非常に少ない」のだ。

興味のある方は、ちょっとだけお付き合いいただければと思いますのだ。

まず初回は、元イさんの自己紹介、どういった非モテの男だったのかをお話ししていくのだ。
非モテで悩んでいるみなさんと、そんなに大差ない人間だったということがわかるかと思うのだ。

そして「こういう行動をしたら、アラフォーになっても悲惨な事になってしまうぞ」という教訓をお伝えできればと思いますのだ。

中学生時代~何も考えていなかった、雰囲気で生きていた~

元イさんの中学、高校、大学時代は当然「非モテ」で、友人も少なく(しかも今では小中高の知人とは完全に切れているのだ)全く恋愛に縁の無い「灰色の青春」を味わってきたのだ。

恋愛面は中学、高校、大学と一回ずつ女の子に告白しては完全に振られるという結果に終わっているのだ。

非常につらかったのだ。中学、高校と進学していくにつれて周りで彼女を作った同級生たちが増えていって、彼女がいたことがない、さらには童貞であるということがどんどん言えなくなっていって…後ろめたさを抱えながら、ひとりで生きているという感覚は年々増していったのだな。

中学時代は小学校からの持ち上がりで同級生の三分の一くらいは知り合い、顔は知っているくらいの関係だったので自分が「コミュ障だ」という自覚はせずに済んだのだ。なんとなく雰囲気でコミュニケーションや人付き合いをやっていたのだ。

恋愛面では、三年生の受験前に同じ委員会に入っていたクラスメイトに人生で初めて告白して、フラれたのだ。
決して美人とは言えないのだが、とても愛嬌のあるクラスの人気者の女の子だったのだ。

今まで生きてきて一番仲良くしてくれた女の子だったのだ。話していて本当に楽しくて、こんなに楽しそうに自分と話してくれるのなら、きっと元イさんのことも少しは好きに違いない!!と信じて勇気を振り絞ったのだが、ダメダメだったのだな。
返事を聞かされた日の放課後、だれもいなくなった教室のベランダで、一人で泣いたのだ。

教訓その1

めちゃくちゃ仲が良いと思った相手に告白してもふられることはあるのだ。
あと受験直前に告白してはいけない、なのだ。

高校時代~コミュ障発覚、暗黒時代に~

高校に進学すると、元イさん自分が「コミュ障」であると自覚してしまったのだ。
同じ中学から進学した知っている人が二十名もおらず、友人は片手で数得るほどで、だいたいが大して仲良くもない人たちばかり。
そしてほかの中学から進学したまったく知らない人たちを前にして、どうやってコミュニケーションをとって、どうやって仲良くなればいいのかわからず教室内で孤立…学校内で独りぼっちになったのだ。

元イさんの高校時代、1990年代後半は「コミュ障」という言葉がまだなかったように思うのだ。これはインターネットスラングで、当時はそもそも「ネット」が全然普及してなかったのだ。他人とコミュニケーションが取れない自分がどういう状態であるのか、言葉にできなかったのだ。
ただ単に自分は「ネクラ」で、人から避けられる気持ちの悪い「オタク」だ、という意識があったのだ。

そんなコミュ障な元イさんが活路を求めたのが部活なのだ。

高校では「とにかく部活で活躍すればモテるんじゃないか」と思っていたのだ。
1990年代後半にはマンガの「スラムダンク」が大ヒットして流行っていたのだ。作品の中で主人公たちが目指すのは全国制覇!かっこよかったのだな。

元イさんも全国大会に出て活躍すれば「すごい奴になって、モテる!」そう期待して部活に入ったのだ。

しかし野球とかサッカーとかもちろんバスケなどの、今で言う陽キャなメジャースポーツにはいかず、マイナーメジャーな半文化系のオタクが集まりがちなスポーツ、弓道部にしたのだ。
競技人口が多いと全国大会には出るのは難しいのだ。その点、弓道部は「ちょうどよかった」のだな。
絶対に出られるとは言えないけれど、めちゃくちゃ頑張れば無理でもない、そういうレベルだったのだ。強豪校でもあったのがよかったのだな。

話を「コミュ障の元イさん」に戻すのだが、部活に入ることでコミュ障という問題は棚上げになったのだ。
部活に入ってしまえば「コミュニケーション下手でも、部活の雰囲気でなんとなくコミュニケーションできる状態」になってしまったのだ。

結果、部活に入ってゆるく浅い友達はできたのだが、ゆるく薄く浅いコミュニケーションで高校時代をやり過ごしてしまったのだ。その後、高校卒業と同時につながりはほとんど切れてしまったのだ。
元イさんは、その薄く浅い友人づきあいとなんとなくのコミュニケーションにうんざりしてしまっていたのだ。

そしていざ全国大会へ!!勉強を捨てて部活に集中すれば全国に出られる!を合言葉に、そして元イさんがモテて彼女を作るために必死の努力をしたのだ。
酷い怪我も乗り越えて、歯を食いしばって、勉強そっちのけで練習したのだ。(※2
結果、団体戦で県大会に優勝し全国大会に出場することを果たせたのだ。

※2
といってもオタクなのでストレス解消のゲームやマンガ、アニメなどを楽しむ時間はちゃっかり確保していたのだ。それをやめられないからオタクと言うのだな。

そして…部活で片思いしていた女の子に告白してふられたのだ。
県大会で優勝して全国大会に出られたけれど、ふられた、ダメだったのだな。

教訓その2

部活で活躍できたからと言ってモテるわけではないし、彼女が作れるわけではないのだ。

しかし部活の同級生の男は全国大会とは関係なく、部活の女の先輩と付き合っていたのだ。

なので…

教訓その3

部活で活躍できたからと言ってモテるわけではないし、彼女が作れるわけではないのだが、しかし人によっては彼女ができる、なのだ。

大学時代~全力で迷走・暴走する~

コミュ障な元イさんは部活に入ってコミュニケーションがうまく人と取れないことを雰囲気でうまくごまかしてやり過ごしたまま、大学に進学したのだ。

なので、そこで待っていたのは当然「ボッチ大学生活」なのだな。高校入学でクラスに馴染めなかった人間が、大学で友人を作ることなど不可能なのだな。
やっぱりこの時にはまだ「ボッチ」という言葉はなかったのだ。2000年代初頭なのだ。「便所飯」「キョロ充」なんかの言葉も、すべて誕生前なのだ。

元イさんは「もう部活になんて絶対に入るものか、何の成果もなかった」と思っていたのだが、結局その部活に再び入ることにしたのだ。

大学で友人が、話し相手ができなかったのだ。
必死で、全力でやって全国大会に出て、それでも彼女ができず、しかも最後の大会は惨めに負けて…あんな思いは二度としたくない、そういう気持ちでいたのにまた部活に入ってしまったのだ。

それくらいに「孤立する」ということに恐怖感があったのだ。

本気で弓道をやる気はない、けど部活に入らないと人との交流がゼロで孤立する、そういう不誠実な気持ちで入った部活は、大学のガチの「体育会系」だったのだ。
高校よりも本気でやる、練習時間は高校の比ではない、そういうタイプのガチな部活だったのだ。

結果的に、その部に馴染むために且つ、人はどうしても環境に影響をうけてしまうものなのだな、一年後には他の部員と同様に本気で部活をやるようになり、高校時代のメンタリティに逆戻りなのだ。しかもさらに悪化をした形で。

元イさん
元イさん

大学生活の全てをなげうって部活に取り組み、そこで人から認められるような立派な男になれば、自分は彼女が作れるはず…。

またこういうことを考えるようになったのだ。

ただ孤立を避けるための選択が、苦難の四年間を決定づけたのだ。

そして結論を言うと、元イさんは弓道部の副将に選ばれ、個人で全国大会に入賞を果たしたのだ。
そして、告白してふられたので彼女は作れなかったし、コミュ障も当然なおらなかったのだ。

4年時に、今度こそ両想いなんじゃないかという部の後輩ができたのだ。
いけるはず、ここまで努力してきた元イさんならいける、そう自分に言い聞かせたかったのだが…コミュ障である自分がどうやってアプローチしていいかもわからず、そして自分の勘違いから勝手にもりあがっていたとか、拒絶されるのが怖いという気持ちからビビッてしまい何もできなかったのだ。

そしてわけのわからないタイミングで謎の勇気を発揮して、空気を読まずいきなり告白をしてしまい、自分には彼氏がいるので付き合えません、と断られたのだ。

部活は、誇張抜きで血のにじむ努力をしてきたのだ。手の皮は破れ硬くなり、硬くなった皮ふがまた裂けて…絆創膏ではらちが明かず瞬間接着剤で傷口を塞ぐといった戦場での乱暴な治療のような事をしてみたり…徹夜で練習し、週に何日も道場に泊まり込み、雨の日も風の日も、夏の暑い日も冬の寒い日も、遊びもせず、大学生らしい何らかの楽しいことも全くしないまま、青春の何かキラキラしたものをすべてを捨てて練習をして(※3)…成果を出して…ダメだったのだ。ふられたのだ。

※3
さすがに大学時代は学年を重ねるにつれて追いこまれていってゲームはできず、アニメもマンガも最小限になり、生活からそれを楽しむ時間は消えていったのだ。オタクの名折れなのだな。

そして失意のまま、コミュ障のまま、彼女いない歴=年齢の童貞のまま大学を卒業することになったのだ。

教訓その4

部活を頑張った結果、部活での成果は出ても、恋愛などには直接関係が無いのだ。
他人とのコミュニケーションが取れない、という問題が恋愛においての最も高い障壁となるのだ。

社会人に~現実や現状を全力で無視~

ここからは今回の記事のエピローグとなるのだ。

失意のまま就職した元イさんはブラック企業に入ってしまったのだ。単純に労働時間が長いというタイプのブラック企業なのだ。
不幸中の幸いなのか、逆にこれがさらなる不幸のはじまりになっってしまったのか、そこは個人の裁量では成績が上がるタイプの職場だったのだ。
つまり、高校大学時代の部活と同じく、頑張れば成績がわかりやすく上がる職場だったのだ。

そして元イさんは、高校時代、大学時代と同じ間違いを犯すのだ。

仕事を頑張って、成果をあげて、出世をすればモテるはず、彼女ができるはずと信じ込んだのだ。
もう思考停止していたのだな。そういう問題ではないかもしれないという事は一切頭になく、自分に信じ込ませたのだな。

仕事で成果をあげるために、プライベートの時間を投げ打って仕事に打ち込んだのだ。プライベートを捨てるのは得意なのだな。(※4
高校大学とやってきたことなのだ。仕事以外での他人との交流は限りなくゼロに近く、社会人になってからできた友人はほとんどゼロ。
高校、大学の時にやっていた事と本質的な差は、ないのだ。

※4
会社での徹夜作業や毎月泊まり込むことも多く、残業も当たり前だったので睡眠時間=生命を削ってゲームやマンガの時間に充てていたのだ。

そうやって会社で評価され実績を作ることに成功し、それを足掛かりに業界内でも有名でホワイトな会社へキャリアアップの転職を果たしたのだ。

元イさん
元イさん

客観的に見て、これでもうモテないはずがない、彼女ができないなんてことはない…はず。

そして結果、彼女はできなかったのだ。転職後しばらくたってから前職の後輩に告白し、ふられ、35歳彼女いない歴=年齢の男が生まれたのだ。
仕事面でのコミュニケーションはなんとかなるようにはなっても、それでもプライベートや恋愛面でのコミュ障は克服できなかったのだ。

恋愛面で高校、大学と同じ間違った戦略を社会人になっても取ってしまい、高校では3年、大学では4年を費やし、社会人になってからは13年間、同じ戦略で恋愛に挑み、すべて失敗してきたのだ。
恋愛面での失敗の本質的な原因は、20年間、もしくはそれ以上の期間、元イさんの努力が足りなかったのではなく、戦略が間違っていた事に気づけなかったことなのだ。

元イさんより若い人にお伝えしたい、こうやって彼女いない歴=年齢のアラサー限界中年は生まれるのだ。

教訓その5

失敗から学ばず、反省をせず同じ失敗を繰り返し続ける事で人生は行き詰まるのだ。
自分の戦略が間違っていたという事を認める冷静さや、客観性、勇気が大事なのだ。

おわりに

しかし「はい、だからこういう人生を送ってきた人はだめでしょ、彼女作れない、限界」という「絶望」的な状況をお伝えしたいわけではないのだ。

元イさんはここからもうひとあがきをし、双極性障害になるまでに精神的に追い詰められたところからコミュ障を克服し、初彼女を作り、結婚するに至ったのだ。

元イさんがお伝えしたいのは、その限界の状況から「コミュ障」を克服し、男女問わず他人と良い関係性を構築し、彼女を作って「非モテ」を克服する方法なのだ。

小手先のテクニックではなく長期的な視点での戦略なのだ。

こんな限界の35歳になってしまった元イさんの状況からでも、元イさんのような彼女いない歴=年齢になるコースをトレースしているような人でも「ここから人生を軌道修正できるかもしれない」そう思ってもらえるような「希望」をお届けしたいのだ。

決して女性からモテるようになる方法ではないのだが、少しずつ確実に人生を豊かにする方法でもあるのではないかと思うのだ。

繰り返しにはなるのだが、実績として元イさんが主催する非モテオフ会からは、元イさんの戦略、方法論によって非モテの状態から「初めての彼女」を作れた人が複数いて、その中でも最も古くから付き合いのある人は、参加から二年を経て、非モテ状態から多数の女性から好意を寄せられるようになったのだ。
元イさんより14歳若く、元イさんよりモテて、青春を楽しめるようになったのだ。

この洒落男子での連載でも、みなさんの非モテの克服と、初めての彼女づくりのお手伝いができればとてもうれしいのだ。
一人でも多く、他人とのコミュニケーションを楽しめるようになり、人生を豊かにできるように、そして最愛の人と結ばれるように、力を尽くせればと思うのだ。

ご興味のある方は、しばしお付き合いいただければと思うのだ。

また、これは宣伝になるのだが、趣味が高じてタロット占いをやっておりますのだ。
依頼をいただければ有償で通話やDMで直接、鑑定させていただきますのだ。

詳しくは以下をご覧いただければと思いますのだ。こちらもぜひ、よろしくお願いいたしますなのだ。

【依頼受付中】タロット占いについて|元(中年彼女いない歴=年齢の既婚のアラ)イさん|note
【改訂2021/3/24】 元イさんなのだ。先日始めたタロット占いについて、わかりやすく書いておいた方がいいかなと思って記事にするのだ。 以前書いたものはこちら。 こちらは個人的な占いについて思う事や自分が占いをするスタンスについてなのだ。 こちらのツイ...
この記事を書いた人
元イさん

元中年彼女いない歴=年齢(35歳まで)の既婚者になったアライさん。
非モテの男女の力になりたいと思いtwitterやツイキャスなどを中心に活動中。コミュニケーションが苦手な非モテ男性のために非モテオフ会を主催。
ADHDとその2次障害で双極性障害持ちで仕事に悪戦苦戦中。タロット占いも依頼受付中。

元イさんの彼女いない歴35年からの非モテ脱却戦略
スポンサーリンク
シェアする
洒落男子

コメント

タイトルとURLをコピーしました