北欧フィンランドを代表するロバーツコーヒーが都内2店舗目となる「ロバーツコーヒー麻布十番店」を7月13日にグランドオープン!

プレスリリース

国民一人あたりのコーヒー消費量が常に世界トップクラスのフィンランド。
そのフィンランドを代表するコーヒーチェーン「ロバーツコーヒー」が、都内2店舗目となる「ロバーツコーヒー麻布十番店」を7月13日(火)に東京都港区麻布十番にオープンします。
浅煎りフルーティーなコーヒー、フィンランド流シナモンロール、フレッシュジェラートなど、ロバーツならではのメニューをシンプルでゆったりとした空間でお楽しみいただけます。

フィンランドってどんな国?

フィンランドは国民一人あたりのコーヒー消費量が常に世界トップクラスであり、仕事中のコーヒーブレイクを確保する権利が法律で認められている国です。
また、アイスクリームの国民1人あたりの消費量も欧州の中で1番です。
コーヒーとアイスクリームを愛する国フィンランドは、最近では国連の世界幸福度ランキングで4年連続1位に輝き、注目されています。

ロバーツコーヒー麻布十番はどんなお店?

気軽にぶらっと立ち寄れるコーヒースタンド・シンプルでゆったりしたカフェ・開放的なオープンテラス
3つのフェイスをもったカフェとなっています。
ライフスタイルに合わせて利用できるカフェとなっており、テラスはワンちゃんもOK。

ロバーツコーヒーのメニュー

フィンランドで焙煎された浅煎りフルーティーなコーヒーを丁寧にハンドドリップで提供。

フィンランドでは1日1人あたり6杯~7杯のコーヒーを飲むと言われています。
たくさんのコーヒーを飲む文化ですのでフルーティで飲みやすい浅煎りコーヒーが特徴です。

自社工房で手作りされたフィンランド流シナモンロール。

フィンランドのシナモンロールは、コルヴァプースティと呼ばれています。
これは「ビンタされた耳」の意味。
渦を巻いてフロスティングされた甘いシナモンロールではなく、甘さ抑えめ、カルダモンとシナモンが感じられる平べったいシナモンロールとなっております。
フィンランドでは、軽い食事やおやつに食べられるカフェの定番であり、ロバーツコーヒーではフィンランドのレシピそのままに手作りしております。

フィンランドで修業したジェラートマスターが作るフレッシュジェラート。

フィンランドの工房で修業したジェラートマスターが、日本の工房で作ったジェラートです。
フィンランドらしいラズベリーシャーベットや、ロバーツのエスプレッソショットで使ったエスプレッソジェラート、ロバーツにしかないレアなシナモンロールジェラートなどオリジナリティあふれるジェラートを提供します。

店舗概要

店舗名:ロバーツコーヒー麻布十番店
所在地:東京都港区麻布十番2丁目2−5 フレンシア 麻布十番 サウス 1F
アクセス:都営大江戸線・東京メトロ南北線 麻布十番駅 4番出口徒歩2分
TEL: 03-6435-1317
営業時間:8:00~22:00(緊急事態宣言等により変更あり)
定休日:不定休
席数:70席(テラス席含む)

企業概要

ロバーツコーヒーについて

ロバーツコーヒーは1992年、フィンランドの首都ヘルシンキでオープンしました。
現在、フィンランドをはじめスウェーデン、エストニア、トルコ、日本などで100店舗以上を展開。
フィンランドで最も高く評価されたコーヒーブランドに2年連続で選ばれるなど、フィンランドのコーヒー文化を牽引する存在となっています。「シンプル」「ナチュラル」をコンセプトに、ゆったりとした北欧カフェタイムを提供しております。

本リリースに関する報道お問い合わせ先

会社名:株式会社 三公ホールディングス
担当者名:呉本 成浩
TEL:0266-26-8007
E-Mail:n.kuremoto@new-asahi.com

この記事を書いた人
洒落男子

モテたい、彼女が欲しい、垢抜けて一目置かれたいけど、何をすればいいかわからない!という美容初心者の男性に向けたメディア。
非モテに悩む生き辛い男性を減らすために
リアルな女性目線で、初心者にもわかりやすい清潔感の磨き方やモテについて発信しています。

プレスリリース
スポンサーリンク
シェアする
洒落男子

コメント

タイトルとURLをコピーしました